1-1913 LIBERTY HEAD NICKEL

No.1
1913年 リバティヘッドニッケル
20年前、コレクターやディーラーにアメリカで最も価値のある3つのコインの名前を尋ねると、1804年のシルバードル、1894年のSダイム、そして1913年のリバティヘッド・ニッケルという答えが返ってきたでしょう。今日では、1913年のリバティヘッド・ニッケルがトップに立ち、「100 Greatest U.S. Coins(米国の最も偉大な100枚のコイン)」のトップに立っています。最近の人気の急上昇は、ここ数回の登場での知名度の高さも影響しているかもしれません。最も価値のあるアメリカのコインの動態やランキングは今後も変化していくでしょうが、1913年のリバティヘッド・ニッケルは、トップではないにしても、その近くにいることは間違いありません。1913年のリバティヘッド・ニッケルは、存在してはならないコインです。リバティヘッド・ニッケルシリーズは1912年12月に終了し、1913年に新デザインのバッファロー・ニッケルに置き換えられました。実際には、1913年のリバティヘッド・ニッケルの存在は知られていませんでしたし、1919年にサミュエル・ブラウンが「どんな例でも500ドル払う」と広告を出して収集家をからかった時まで考えられていませんでした。どうやら、これは彼が既に所有していたコインを正当化するための策略だったようで、1920年8月、ブラウンはアメリカ貨幣協会の年次大会で少なくとも1枚のコインを展示しました。ブラウンは最終的に5枚の1913年リバティヘッド・ニッケルを所有していた。ブラウンはどのようにしてこのコインを手に入れたのでしょうか?ブラウンは1912年から1913年まで造幣局の書記官を務めており、その間に彼とその仲間たちが造幣局の設備を使ってコインを作っていた可能性があることが助けになったのかもしれません。1913年製リバティヘッド・ニッケル5枚セットは、1940年代初頭まで何度か手に渡りましたが、1940年代初頭にはセットが解体され、コインは個人のバイヤーに売られるようになりました。それ以来、コインは大きく異なった道をたどってきました。あるものはエジプトのファルーク国王に贈られ、彼のコレクションは1954年にエジプト王が退位した後に売却されました。彼の1913年製リバティヘッドニッケルは売却から取り下げられ、個人的に売却され、最終的にスミソニアン博物館に寄贈されたノーウェブ家のコレクションに収蔵されました。2つ目のコインはルイ・エリアスバーグに売却されました(彼はこれまでに収集された唯一の米国コインの完全なコレクションを形成しました)。このコインはおそらく5つのコインの中でも最も優れたもので、2007年に個人的な取引で500万ドルで売却されました。3 番目の例は、他のどの例よりも多くの人が鑑賞し、所有している選択プルーフです。1972年、この1913年製リバティヘッド・ニッケルは、10万ドルの壁を破った最初のアメリカのコインとなりました。その後、テレビ番組「ハワイ5-0」のエピソードに、詐欺師の欲望の対象として登場しました。4つ目の例は、数年前にオーブリーとアデライン・ビービー夫妻から寄贈されたアメリカ沼術協会のコレクションのハイライトです。このピースのコンディションは他の1913年リバティヘッド・ニッケルよりも劣りますが、これは前の所有者であるジェームズ・マクダーモットの好奇心旺盛な癖が原因です。近年まで、5枚目のコインの行方は謎に包まれていました。コインは1962年3月9日に、記録された最後の所有者であるジョージ・0・ウォルトンの死亡事故で紛失したという噂が流れていました(ウォルトンについての詳細は、「過去の偉大なコレクター」の付録でお読みください)。2003年には、Bowers and Merena Galleriesの貨幣会社が、行方不明の1913年製リバティヘッドニッケルの第5弾のために10,000ドルの報酬を発表しました。失われたコインを所有していると確信していた人々から、大量のメールや手紙が会社に殺到しました。彼らは、このニッケルを本物ではないかもしれないという誤った印象を持って、何十年も保管していました(ウォルトンの特注のディスプレイホルダーに入ったまま)。相続人たちは、2003年8月にメリーランド州ボルチモアで開催されたアメリカ貨幣協会の大会にコインを持ち込んだのですが、そこで著者のジェフ・ギャレット氏をはじめとする専門家のパネルによってニッケルが検査されました。このコインは本物であることが証明され、ファンファーレとともに他の4つのコインと再会しました。1913年のリバティヘッドの5つのニッケルは、1940年代初頭以来、再び一堂に会し、展示され、何千人ものコレクターに見守られ、楽しまれました。こうして、5つ目の例がどこにあるのかという謎が解けたのです。

No. 1
1913 LIBERTY HEAD NICKEL
Twenty years ago, if you asked any collector or dealer to name the three most valuable American coins, the response would most likely have been the following: the 1804 silver dollar, the 1894-S dime, and the 1913 Liberty Head nickel. Today the 1913 Liberty Head nickel has taken the lead, gaining the top position in the 100 Greatest U.S. Coins. Its recent surge in popularity may be due in part to the publicity that has attended its last few appearances. While the dynamics and rankings of the most valuable American coins will probably continue to change, the 1913 Liberty Head nickel will no doubt remain near, if not at, the top. The 1913 Liberty Head nickel is a coin that simply should not exist. The Liberty Head nickel series ended in December 1912, replaced in 1913 by the newly designed Buffalo nickel. In fact, no 1913 Liberty Head nickels were known or even contemplated until 1919, when Samuel Brown teased the collecting community by advertising to pay $500 for any example. Apparently, this was just a ruse to legitimize coins that he already owned, for in August of 1920 Brown exhibited at least one of them at the annual convention of the American Numismatic Association. Brown eventually owned five 1913 Liberty Head nickels, reportedly the entire mintage. How did Brown obtain the coins? It may have helped that he was the clerk of the Mint from 1912 to 1913, at which time he and some cohorts may have made the coins using Mint equipment. The set of five 1913 Liberty Head nickels changed hands several times until the early 1940s, when the set was broken up and the coins were sold to individual buyers. Since then, the coins have taken widely divergent paths. One went to King Farouk of Egypt, whose collection was sold after he was deposed in 1954. His 1913 Liberty Head nickel was withdrawn from the sale and sold privately, ending up in the collection of the Norweb family, who ultimately donated the coin to the Smithsonian Institution. A second example was sold to Louis Eliasberg (who formed the only complete collection of U.S. coins ever assembled). This coin is perhaps the finest of the five examples and sold in 2007 for $5,000,000 in a private transaction. The third example, a choice Proof, has been viewed and owned by more people than any other. In 1972, this 1913 Liberty Head nickel became the first American coin to break the $100,000 barrier. It later appeared in an episode of the TV program Hawaii Five-0 as the object of a crook’s desire. The fourth example is a highlight of the Amer-ican Numismatic Association’s collection, having been donated some years ago by Aubrey and Ade-line Bebee. The condition of this piece is lower than that of the other 1913 Liberty Head nickels because of the curious habits of a previous owner, James McDermott, who carried it as a pocket piece for bragging rights and betting purposes. Until recent years, the whereabouts of the fifth example was a mystery. Rumors circulated that the coin had been lost on March 9, 1962, in the fatal automobile accident of the last recorded owner, George 0. Walton (read more about Walton in the “Great Collectors of the Past” appendix). In 2003, the numismatic firm of Bowers and Merena Galleries announced a $10,000 reward for the missing fifth 1913 Liberty Head nickel. Thou-sands of emails and letters poured into the firm from people who were positive they owned the missing coin. In an unusual twist of fate, the coin was ultimately discovered in the possession of the heirs of the Walton estate, who had kept the nickel for decades (still in Walton’s custom-made display holder) under the false impression that it might not be genuine! The heirs brought the coin to the August 2003 convention of the American Numis-matic Association in Baltimore, Maryland, where the nickel was examined by a panel of experts in-cluding author Jeff Garrett. The coin was declared genuine and, with much fanfare, reunited with the other four. The five 1913 Liberty Head nickels, together once again for the first time since the early 1940s, were placed on display and viewed and enjoyed by thousands of collectors. Thus, the mystery of the location of the fifth example was solved.