6-1849 DOUBLE EAGLE

1849年のdouble eagleは技術的にはパターンコインや実験的なコインに分類されますが、米国のコインの中でも特に希少価値の高いコインの一つです。
1848年にカリフォルニアで金鉱が発見されるとゴールドが東海岸に大量に流れ込み、1849年3月3日には金のドルとdouble eagleを作成する連邦法が制定されました。

チーフ彫刻師のジェームズ・B・ロンガクレスは、新しいコインのための金型を彫刻しました。ロンガクレスは新硬貨の打刻の試みを監督しましたが、1849年12月24日付のチーフコイナーのフランクリン・ピールからロバート・パターソン造幣局長への手紙の中で、ピールは次のように書いています「非常に残念ですが、double eagleの新しい金型の印象を通常の鋳造プロセスで高めることができない。肖像画のレリーフが高すぎたため、大量生産向けに打刻することができませんでした。」
この生産の遅れにより、僅かな枚数しか鋳造されませんでした。米国のコインの歴史の中で、発行初年度に問題があることは珍しくありませんでした。レリーフが高すぎたために再設計された興味深いコインもいくつかあります。審美的には魅力的ですが、実際に高レリーフのコインを製造するのは非常に困難でした。1907年 Saint-Gaudens High Relief double eagleが最も有名な例でしょう。他にも、1921年のPeace dollarや1849年のgold dollarなどがあります。
1849年 double eagleは鋳造された2枚を除いて、すべて溶解されてしまいました。1枚はW.M.メレディス財務長官に、もう1枚はフィラデルフィアの造幣局に送られました。メレディスのコインは、フィラデルフィアのスティーブン・ナギー・コレクションに送られたかもしれませんが、実際のところは貨幣学者にも分かりません。
ミントキャビネットの例はスミソニアン博物館に展示されており、貨幣コレクションの中でも最も人気のあるアトラクションの一つでした。1909年にJ.P. Morganがこのコインに35,000ドルを提示したと報告されていますが、これは当時としては途方もない金額でした。
1849年のdouble eagleが今日の市場に何をもたらすかを考えるのは興味深いことです。唯一知られている例はスミソニアン博物館にありますが、行方不明のメレディス・メレディスのコインがいつか登場する可能性があります。ほとんどの専門家は、1849年のダブル・イーグルは少なくとも1933年のダブル・イーグルと同じくらい、あるいはそれ以上の価値があると考えています。この2つのコインは、非常に人気のあるシリーズとデノミネーションの素晴らしいブックエンドになります。

もし販売された場合、どのような価値があるのかは推測するしかありません。1000万ドル以上は確実でしょうし、2500万ドルも夢ではありません。

唯一の1849年 double eagleは、スミソニアン博物館の国立貨幣コレクションの保管庫にあります。